モンステラ等、観葉植物の栽培を家庭で行う際、どの方角に配置すると育てやすいのか?と疑問に思い「観葉植物 方角」で検索すると風水や運気上昇についての内容ばかりが出てきます。私はもともと海水魚、珊瑚、イソギンチャク栽培が趣味で、「水槽 風水」で検索すると私のアクアリウムブログ「風水とアクアリウム。財方に水槽設置で金運上昇!」が検索結果の上位に出てきます。この記事を書いた頃は、水槽を設置する方角によって運気が変わると言われる風水を気にしていました。しかし、観葉植物も水槽も風水的に良いとされる方角に設置するよりも、もっと大切な事があります。それは大切な生体を状態よく長期栽培してあげられる事ができる方角に配置できているのか?という点です。観葉植物の栽培を行う際、風水の方角を第一優先に考えるのではなく、生体が状態良く成長してくれる方角はどこなのか?をまずは気にしなくてはなりません。どんなに風水の観点からとても良いとされる方角に観葉植物を設置したとしても、その観葉植物が状態を崩してしまっているようであれば、運気は絶対に高まる事は無いからです。

モンステラ栽培環境の方角

モンステラ栽培環境の方角

私が屋外屋内共にモンステラを栽培している方角は、南西になります。晴れた日にはお昼の正午前ぐらいから徐々にモンステラを栽培している部屋に日差しが差し込み、マンションの目の前に影になる建物が一切無いため、日没まで日差しがモンステラを栽培している部屋の奥まで入り込みます。

東の部屋よりも西の部屋の方が日差しが差し込む時間が長く、部屋の中は冬場暖房無しでも温度が17度以下となる事はほとんどありません。南西の方角の部屋ですと、南寄りになる為、日差しが差し込む時間帯が早まります。

目の前に障害物が何も無い南向きの方角にモンステラが置けると一番良いと思いますが、日当たりの良い南向きの部屋が無い場合は、西よりで日差しが入る部屋の方がモンステラは状態良く成長してくれると思います。

モンステラの栽培環境

私がモンステラを栽培しているマンションの栽培環境について以下のページでご紹介しています。

モンステラの栽培環境