モンステラ含めた観葉植物の水やりについては、「根腐れしないように水の与えすぎに注意」という記載をよく目にしますが、モンステラはとても丈夫な観葉植物の為、シッカリと根の張った状態であれば根腐れを心配しすぎる必要はありません。ただし、ネット通販などで一般の方が販売しているモンステラは、根がシッカリと張っていない場合やモンステラが弱っている場合があり、本調子では無いモンステラに水を与えすぎると根腐れを起こします。また、「水を与える際には植木鉢の底から水が溢れ出るほどたっぷりと」との記載もよく目にします。この時大事なのが、植木鉢の底に鉢底石が有るか?無いか?の違いで、鉢底石植木鉢の底にあると、水が植木鉢の底に溜まる事を防ぐと同時に、植木鉢の底からモンステラの根に酸素を供給させる事ができる為、元気よくモンステラが成長してくれます。

モンステラの水やり頻度

モンステラの水やり頻度

私が実践しているモンステラへの水やりについて、屋外栽培の場合と屋内栽培の場合に分けてご紹介いたします。

屋外栽培の場合

モンステラ屋外栽培するの終わりからにかけては、毎日植木鉢の底から水が溢れるまでたっぷりと水を与えています。からにかけてのモンステラの栽培記録については、以下のページでまとめています。

屋外栽培の水やりのポイント

気温が急激に下がった日、雨や台風の日を除いて、植木鉢の底から水が溢れるまでたっぷりとモンステラに水を与えています。植木鉢の底に、鉢底石を入れておくと、水やり後の湿った状態のでもモンステラが植木鉢の底から根に酸素を供給しやすくなります。

屋内栽培の場合

モンステラ室内で屋内栽培するの終わりからにかけては、植木鉢の中のが完全に乾ききってから水やりをするようにしています。室内の乾燥状況、モンステラの生育状況によって、植木鉢の中のの乾き具合が変化する為、水やりをする頻度は決めて無く、の乾き具合を確認しながら、完全に乾いたタイミングで水やりをするようにしています。からにかけてのモンステラの栽培記録については、以下のページでまとめています。

屋内栽培の水やりのポイント

屋内モンステラを栽培していると、調子がよいモンステラは根からの水の吸い上げがとてもよくの乾燥が早いのですが、根がまだ十分に植木鉢の中に行きわたっていない生育途中のモンステラは、なかなかが乾かない事に気が付きます。また、植木鉢のサイズ、モンステラ配置場所(日当たり状態)温度湿度の状態などによってもの乾燥度合はとても変化してきます。屋内栽培におけるモンステラの水やりは、それぞれのの状態、モンステラの状態を日々確認し、が乾燥し、モンステラが水分を欲している状態を見極めてから与えるのが最もベストだと私は感じ実践しています。

屋内栽培の場合も、台所のシンクやお風呂場で、屋外栽培と同様、植木鉢の底から水が溢れ出るまで、如雨露でたっぷりと水を与えてあげます。

屋内栽培で水を与えるタイミングの一つの目安として、私が普段利用しているモンステラ栽培用のは、乾くと以下のように色が変化します。初心者の内はこのようなを利用する事で、水やりのタイミングを見計る事も可能です。

土が湿っている時の色
土が乾燥している時の色

上記のような観葉植物用の土を利用すると、モモンステラの水やりのタイミングが分かりやすいです。私が利用している観葉植物用の土については、以下のページでご紹介しています。

観葉植物用の土

水やりで利用する如雨露

私がモンステラへの水やりで利用している如雨露については、以下のページでご紹介しています。

如雨露

モンステラの栽培環境

私がモンステラを栽培しているマンションの栽培環境について以下のページでご紹介しています。

モンステラの栽培環境