モンステラの葉

モンステラの葉は、丸い形状の葉に穴が開き、深い切れ込みが入るのが一般的なイメージです。モンステラの葉といえば、モンステラデリシオーサの大きな葉がモチーフにされる事が多くあります。しかし、モンステラデリシオーサ実生苗の段階では、穴は開かず、切れ込みも入らないハート型の葉の形状をしています。成長と共に、誰もが知るモンステラらしい葉の形状へと変化していきます。また、モンステラの葉は、モンステラの種類によっても大きく異なってきます。また、緑一色の葉もあれば、白色、黄色、黄緑色といった斑入りの葉を持つ種類もいます。

モンステラの葉

モンステラの葉について、モンステラの種類別、斑入り別にご紹介いたします。

モンステラの種類別による葉の形状の違い

モンステラの種類別による葉の形状の違いです。モンステラの葉は、成長と共に変化する種類も多い為、写真サイズの株時における葉の形状としてご確認下さい。

大きな丸い葉のモンステラ

デリシオーサ
モンステラデリシオーサの葉

モンステラを代表する大型葉です。

デリシオーサ

ボルシギアナ
モンステラボルシギアナの葉

デリシオーサよりも小型の葉です。

ボルシギアナ

穴の数が多い葉のモンステラ

アダンソニー
モンステラアダンソニーの葉

マドカズラの名を持つ葉。

アダンソニー

アクミナータ
モンステラアクミナータの葉

葉の穴が対で穴が多い。

アクミナータ

エスケレート
モンステラエスケレートの葉

成長時、穴が大きくなる。

エスケレート

オブリクア
モンステラオブリクアの葉

ドクロの両目の様な葉。

オブリクア

楕円形や細長い葉のモンステラ

sp. ペルー
モンステラsp. ペルーの葉

切れ込みが無い凸凹葉が特徴。

sp. ペルー

アカコヤグエンシス
モンステラアカコヤグエンシスの葉

成長時細長い葉に穴が開く。

アカコヤグエンシス

サブピンナータ
モンステラサブピンナータの葉

笹の葉の様な細い葉が特徴的。

サブピンナータ

シルテペカナ
モンステラシルテペカナの葉

銀色の模様がとても美しい葉。

シルテペカナ

スタンデリアナ
モンステラスタンデリアナの葉

羽ばたく鳥の様な葉。

スタンデリアナ

スプルセアナ
モンステラスプルセアナの葉

細かいトライコームがある葉。

スプルセアナ

ドゥビア
モンステラドゥビアの葉

成長時表情が大きく変わる葉。

ドゥビア

ピンナッティパルティタ
モンステラピンナッティパルティタの葉

凸凹した葉に切れ込みが入る。

ピンナッティパルティタ

斑入り別による葉の模様の違い

斑の色別による違い

白斑のモンステラ
白斑のモンステラ

白斑のモンステラ

黄緑斑のモンステラ
黄緑斑のモンステラ

黄緑斑のモンステラ

黄斑のモンステラ
黄斑のモンステラ

黄斑のモンステラ

斑の種類別による違い

ハーフムーン
ハーフムーン

ハーフムーン

フルムーン
フルムーン

フルムーン

ホワイトタイガー
ホワイトタイガー

ホワイトタイガー

オーレア
オーレア

オーレア

散斑
散斑

散斑

珍しいモンステラの葉

白檀の仏像と羅紗葉のモンステラ

葉に開く穴の数が多い、葉の切れ込みが深い、形が歪な奇形のモンステラ等は、検索すれば出てきます。以下でご紹介するモンステラは、現在栽培中の羅紗葉のモンステラです。厚手の織物の一種の事を羅紗(ラシャ)と呼び、表裏凸凹した肉厚な葉の事を”羅紗葉”というそうです。羅紗葉は観葉植物全般での呼び名のようですが、モンステラの大きな葉が羅紗葉の状態を保ちながら成長する事はかなり稀なようです。

モンステラデリシオーサ羅紗葉変異株

モンステラの各部の名称

モンステラの各部の名称は、主に葉柄成長点気根となります。モンステラ水耕栽培(水挿し)挿し木茎伏せ増やす際、各部の名称を知っておく必要があります。

モンステラの各部の名称