モンステラデリシオーサのデリシオーサは、英語で「おいしい」を意味する"delicious"に由来しているとされています。これはモンステラになる実が「おいしい」という理由からです。一般に観葉植物として市場に流通しているモンステラは、モンステラデリシオーサとモンステラボルシギアナの2種類があります。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。モンステラデリシオーサは、ボルシギアナと比較して大きなを持ち、自然界では1メートル以上の巨大なを持つ場合もあります。モンステラデリシオーサには、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株などの種類があり、奇形をした変異株もボルシギアナよりも多く見かけます。私が実際に栽培しているモンステラデリシオーサについて、以下のページでご紹介いたします。

モンステラデリシオーサの種類

モンステラデリシオーサの種類
モンステラデリシオーサの種類

モンステラデリシオーサには、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株などの種類があります。以下は私が現在栽培しているモンステラデリシオーサの種類です。

実生株

モンステラデリシオーサの実生株

実生とは、種子から発芽させた株になります。中でも斑入りモンステラデリシオーサは人気です。

実生株

コンパクタ

モンステラコンパクタ

コンパクタは、成長しても大きくならない小型のモンステラデリシオーサとして販売されています。

コンパクタ

イエローマリリン

モンステライエローマリリン

イエローマリリンは、黄斑が入ったモンステラです。イエローモンスターよりも鮮やかな黄斑が入ります

イエローマリリン

イエローモンスター

モンステライエローモンスター

イエローモンスターは、クリーム色に近い黄斑散斑が特徴的なモンステラです。

イエローモンスター

タイコンステレーション

モンステラタイコンステレーション

タイコンステレーションは、モンステラの大きな葉に星空を散りばめた様な散斑が入るモンステラです。

タイコンステレーション

マクロコズム

モンステラマクロコズム

マクロコズムは、に鋭い切れ込みと穴が多く開いたとても魅力的なモンステラです。

マクロコズム

スケルトン

モンステラスケルトン

スケルトンは、マクロコズムとシエラナを合わせた様なの形状をしているのが特長のモンステラです。

スケルトン

福助

モンステラデリシオーサ(福助)

がコンパクトで選抜丸葉のモンステラを福助に見立て命名されたモンステラです。

福助

ナローリーフ

モンステラデリシオーサナローリーフ

通常モンステラデリシオーサは丸みを帯びていますが、ナローリーフはが縦に細長いのが特長です。

ナローリーフ

奇形株

モンステラデリシオーサ奇形株

デリシオーサは奇形の実生株が販売されています。羅紗葉散り斑変異株福助ナローリーフなども広域では奇形の括りに入るのかもしれません。

奇形株

羅紗葉変異株

羅紗葉モンステラ

とても珍しい実生(みしょう)から育ったモンステラデリシオーサ羅紗葉変異株です。モンステラの大きなが全て羅紗葉となっています。

羅紗葉変異株

斑入り

モンステラホワイトティアーズ

本ページでは種類がよく分からない斑入りモンステラデリシオーサについてご紹介していきます。

斑入り

上記でご紹介した種類は、全てモンステラデリシオーサの種類になるのですが、これらの種類には共通して以下で示すモンステラデリシオーサの特長があります。特に成熟株になるにつれて、モンステラデリシオーサの特長が現れてきます。

モンステラデリシオーサの特徴

成熟したモンステラデリシオーサの特長として顕著に現れてくるのが、葉柄の付け根に現れるシワ(海外では”フリル”と呼ばれています)です。成熟したモンステラボルシギアナではこの特長が現れません。

成熟したモンステラデリシオーサに現れるしわ(フリル)
成熟したモンステラデリシオーサに現れるしわ(フリル)

モンステラデリシオーサの特長は、モンステラボルシギアナの特長と比較しながら一覧表で確認すると分かり易いです。

違いの確認ポイント モンステラデリシオーサ モンステラボルシギアナ
葉柄部分のつなぎ目(フリル)の有無 有り 無し
成熟時のの大きさ 約1メートルとされている 50cm前後とされている
の形状 マクロコズムの様に複雑なを持つ種類がいる 複雑な形状のを持つ種類はいない
の間の長さ の間が短い の間が長い
生育習性の違い 地を這う様な成長をしながら上へと登る 成長初期の段階から上へと登る
斑入りの種類 イエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーション、ホワイトティアーズ、ホワイトモンスターなどの種類がある。 の入り方でハーフムーンフルムーンホワイトタイガー(アルボ)オーレアなどの呼び名がある。
種類 実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株など種類が豊富。 ハーフムーンフルムーンホワイトタイガー(アルボ)オーレアなど斑入り別の呼び名はあるものの種類としてはモンステラボルシギアナのみ。

以下はモンステラデリシオーサのです。間が長い為、モンステラボルシギアナの様にも見えますが、モンステラデリシオーサです。中には間の比較ではモンステラデリシオーサなのか?モンステラボルシギアナなのか?判別が難しい場合がありますが、成熟したモンステラボルシギアナは、50センチ前後なのに対して、モンステラデリシオーサは1メートル近くになるので判別が容易となります。

”節間の長いモンステラデリシオーサの茎

モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの違いについては、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについて

私が栽培しているモンステラデリシオーサの栽培記録を以下にまとめています。

モンステラデリシオーサの栽培記録

以下は私が栽培しているモンステラデリシオーサの栽培記録です。

支柱を追加して大きく成長したモンステラタイコンステレーション
モンステラデリシオーサの葉を大きく成長させる方法

モンステラデリシオーサの葉を大きく成長させる方法は、モンステラボルシギアナの葉を大きく成長させる方法と変わりありません。モンステラは上に登れば登るほど葉にあく穴の数、葉の切れ込みの数が増え、葉のサイズが大きくなります。室 […]

続きを読む
7枚目の葉が開いてきたモンステラタイコンステレーション
7枚目の葉が開いてきたモンステラタイコンステレーション

2021年11月11日(過去の栽培記録はこちら)より栽培しているモンステラタイコンステレーションに7枚目の葉が開いてきました。まだ半開きの状態の為、葉の形状や斑の入り方は詳しく確認できませんが、葉にあく穴の数、切れ込みの […]

続きを読む
斑入りと緑一色の葉を交互に繰り返す実生のモンステラデリシオーサ
斑入りと緑一色の葉を交互に繰り返す実生のモンステラデリシオーサ

今のところ100%の確率で斑入りと斑無し(緑一色)の葉を交互に繰り返している実生のモンステラデリシオーサです。イエローマリリンというよりは、デリシオーサですがオーレアの様な黄斑の葉を広げます。元々黄斑が入る葉が付いた状態 […]

続きを読む
根腐れして枯れた気根の先から分岐する新しい気根
根腐れして枯れた気根の先から分岐する新しい気根

ボロボロの状態で購入し2021年11月11日(過去の栽培記録はこちら)より栽培を開始したタイコンステレーションなのですが、根腐れして枯れた気根の先から分岐して新しい気根が沢山出てきました。モンステラの生命力はとても凄いな […]

続きを読む
丸葉が特長のイエローモンスターに新しい葉が開く
丸葉が特長のイエローモンスターに新しい葉が開く

2022年9月8日(過去の栽培記録はこちら)に新しい葉が開いた大きな葉の茎伏せから育った丸葉が特長のイエローモンスターに新しい葉が開きました。最初にあった一番古い葉はカットした為、スッキリしました。 丸葉が特長のイエロー […]

続きを読む
小さな茎伏せから育てたイエローモンスターから続々と出て来る新しい葉
小さな茎伏せから育てたイエローモンスターから続々と出て来る新しい葉

小さな茎の茎伏せから育てたイエローモンスターですが、2022年8月14日(過去の栽培記録はこちら)から更に大きく成長しました。新しい葉が続々と出て来ます。 新しく開いた綺麗な散斑 今回は散斑メインの新しい葉が開きました。 […]

続きを読む
葉に穴の数が増えてきたモンステラマクロコズム
葉に穴の数が増えてきたモンステラマクロコズム

2022年11月15日(過去の栽培記録はこちら)に支柱を追加したモンステラマクロコズムの新しい葉が開きました。葉にあく穴の数がとても増えてきました。今後、更にどの様に変化していくのか楽しみです。 穴の数が増えてきた新葉( […]

続きを読む
約2ヵ月ぶりに新しい葉が開いたモンステラコンパクタ
約2ヵ月ぶりに新しい葉が開いたモンステラコンパクタ

2022年9月16日(過去の栽培記録はこちら)に新しい葉が開いてから約2ヵ月ぶりに新しい葉が開きました。今回開いた葉は深い切れ込みに合わせて穴もあきました。とても小さなコンパクトな株なのですが、モンステラらしい葉になりま […]

続きを読む

関連記事:モンステラデリシオーサの栽培記録を全て確認する

私がモンステラデリシオーサを育てている栽培環境を以下にまとめています。

モンステラデリシオーサの栽培環境

モンステラデリシオーサを状態良く栽培する為には、成長期となる屋外環境で育て、の間は屋内環境でしっかりと休眠させる事が大切です。住んでる場所の気候によって、モンステラデリシオーサの栽培に適した環境作りは異なります。以下では、私が住んでいるエリアで、モンステラデリシオーサを栽培する際の環境についてご紹介しています。

関連記事:モンステラの栽培環境

上記の栽培環境でモンステラデリシオーサを栽培する際に利用しているモンステラの栽培用品について以下にまとめています。

モンステラデリシオーサの栽培用品

モンステラデリシオーサは、モンステラボルシギアナの栽培時に使う支柱は利用せず、幹上げで仕立てた方が盆栽の様にかっこよく栽培する事ができます。また成長期となるには肥料を与えます。モンステラデリシオーサをに、屋外栽培する際には、葉焼け防止用に遮光ネットが必須です。私がモンステラデリシオーサを栽培する際に利用している栽培用品については以下のページでご紹介しています。

関連記事:モンステラの栽培用品

モンステラデリシオーサのご紹介は以上です。続いてモンステラデリシオーサ実生株についてご紹介致します。その他のモンステラの種類については、以下のページでご紹介しています。

モンステラの種類

モンステラの種類は、一般的な人気の種類(モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナ)と、その他の種類(sp. ペルーアカコヤグエンシスアクミナータアダンソニー(マドカズラ)エスケレートオブリクアサブピンナータシルテペカナスタンデリアナスプルセアナドゥビアピンナッティパルティタレクレリアナ)に分けられます。更にモンステラデリシオーサの仲間は、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株と様々な種類があります。特に人気のモンステラは、斑入りのモンステラです。斑が入るモンステラの種類は、モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナアダンソニー(マドカズラ)sp. ペルーレクレリアナなどです。

関連記事:モンステラの種類