モンステラの茎

モンステラの茎は、連なる葉柄気根が伸び、成長点がある箇所)の集合体です。茎は、植木鉢の中でを伸ばしています。新鮮なモンステラの茎を使い、挿し木水耕栽培(水挿し)をする事によってモンステラを増やす事ができます。

モンステラの茎

実際にモンステラの茎を使い、挿し木水耕栽培(水挿し)を行いながら現在栽培中モンステラをご紹介いたします。

挿し木

モンステラの茎
モンステラデリシオーサの茎
モンステラの茎
挿し木中のモンステラデリシオーサの茎

に穴が多く開くモンステラデリシオーサの茎です。”マクロコズム風”なモンステラとして、ネット上で販売されていたので、茎伏せ用に購入しました。あまりにも大きかった為、茎伏せでは無く挿し木として2021年10月13日より育てています。栽培開始当初の様子は、以下の栽培記録に掲載しています。

”マクロコズム風”の名で販売されていたモンステラの茎を実際に購入

水耕栽培(水挿し)

斑入りボルシギアナの水耕栽培(水挿し)を開始
モンステラボルシギアナの茎
斑入りボルシギアナの水耕栽培(水挿し)を開始
水耕栽培(水挿し)のモンステラボルシギアナの茎

斑入りボルシギアナの茎です。カットされたばかりのとても鮮度の高い茎は、水に付けると早ければ2、3日で発根を目視確認できるようになります。以下でご紹介する斑入りボルシギアナの鮮度の高い茎は、水耕栽培(水挿し)を開始して4日目で気根から出てきた新しいを確認する事ができました。詳細は以下のページでアップしています。

斑入りボルシギアナの水耕栽培(水挿し)を開始

モンステラの各部の名称

モンステラの各部の名称は、主に葉柄成長点気根となります。モンステラ水耕栽培(水挿し)挿し木茎伏せ増やす際、各部の名称を知っておく必要があります。

モンステラの各部の名称