モンステラの気根は、自立する際の支えや空気中の水分を取り込む為の役割があるとされています。観葉植物の中でもモンステラが丈夫な理由の一つに、気根があるゆえに空気中からも水分を吸収できるという点がある様です。モンステラを栽培する際、支柱を使うと気根を使って支柱を上へ上へと登って行く姿を観察する事ができます。気根でガッチリと支柱を掴みながら上へと登るモンステラほど株が安定し、を太く成長させながら大きなを広げ成長が促されます。気根はモンステラの成長には欠かせない部位です。観賞用に邪魔な気根はカットしても構わないと言われている事もあるようですが、栽培しているモンステラにとっては必要な気根として成長してきたはずなので、よっぽど邪魔で無い限りはカットしないようにしています。気根を上手く植木鉢に収めながら仕立て上げると盆栽風となり愛着も高まります。

モンステラの気根

モンステラの気根

モンステラの気根を利用した栽培例と栽培例です。

モンステラの気根を利用した栽培例

モンステラタイコンステレーションの気根
根上がりに仕立てている散斑のタイコンステレーション
モンステラタイコンステレーションの気根
新しい散斑の葉が開いた根上がりのタイコンステレーション

モンステラの気根が付いたを立て根上がりに仕立てているモンステラデリシオーサタイコンステレーションです。こちらは散斑タイコンステレーションですが、元々葉柄が無い状態で解体されるように販売されていました。植木鉢挿し木し、綺麗な姿に戻るよう大切に栽培しています。モンステラデリシオーサタイコンステレーションの栽培記録は、以下のページでご紹介しています。

モンステラデリシオーサタイコンステレーションの栽培記録

モンステラの気根を利用した栽培例

モンステラの気根
斑入りモンステラボルシギアナの気根が付いた茎
モンステラの水耕栽培(水挿し)で気根から出てきた根
斑入りモンステラボルシギアナの気根から新しく生える根

斑入りモンステラボルシギアナの気根が付いたです。水耕栽培(水挿し)にする事によって、気根から沢山のが出てきています。気根があるモンステラは、水耕栽培(水挿し)挿し木茎伏せで増やしやすいです。モンステラの増やし方については、以下のページでご紹介しています。

モンステラの増やし方

モンステラの各部の名称

モンステラの各部の名称は、主に葉柄成長点気根となります。モンステラ水耕栽培(水挿し)挿し木茎伏せ増やす際、各部の名称を知っておく必要があります。

モンステラの各部の名称