様々なモンステラの種類の中でもモンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの違いがよく比較されます。モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの違いは、形状の違い、種類の違い、成長の違いの3種類に主に分類されます。具体的なそれぞれの違いについては、以下の通りとなります。

モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについて

モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの違いについて、形状の違い、種類の違い、成長の違いの3種類に分類してご紹介致します。

形状の違い

モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの形状の違いは、葉柄部のつなぎ目(フリル)の有無、成熟時のの大きさ、の間の長さに見られます。

葉と葉柄部のつなぎ目のシワ(フリル)の有無

成熟したモンステラデリシオーサに現れるしわ(フリル)
成熟したモンステラデリシオーサに現れるしわ(フリル)

モンステラデリシオーサは、葉柄のつなぎ目に海外で「フリル」と呼ばれるシワがあります。モンステラボルシギアナは、「フリル」がありません。ただし「フリル」は成熟したモンステラデリシオーサに見える特徴で、幼少期のモンステラデリシオーサには「フリル」が存在しません。

フリルが有る場合

葉柄のつなぎ目にフリル(波打つシワ)が有る場合は、モンステラデリシオーサの成熟した株です。以下は、現在栽培しているモンステラの種類の中で、フリルが有るモンステラデリシオーサの成熟した株です。なお、マクロコズムスケルトン福助については、通常のデリシオーサイエローモンスターと比較すると小さな株にも関わらずしっかりとしたフリルが出てきています。これは、マクロコズムスケルトン福助については、コンパクトなデリシオーサの仲間である可能性があります。コンパクトだとマンションなど限られたスペースで飼育がしやすいです。

モンステラデリシオーサ
成熟したモンステラデリシオーサのフリル
成熟したモンステラデリシオーサのフリル

モンステラデリシオーサ

タイコンステレーション
成熟したタイコンステレーションのフリル
成熟したタイコンステレーションのフリル

タイコンステレーション

イエローモンスター
成熟したイエローモンスターのフリル
成熟したイエローモンスターのフリル

イエローモンスター

マクロコズム
モンステラマクロコズムのフリル
成熟したマクロコズムのフリル

マクロコズム

スケルトン
成熟したモンステラスケルトンのフリル
成熟したモンステラスケルトンのフリル

モンステラスケルトン

福助
成熟したモンステラデリシオーサ(福助)のフリル
成熟した福助のフリル

福助

フリルが無い場合

葉柄のつなぎ目にフリル(波打つシワ)が無い場合は、モンステラボルシギアナもしくは、モンステラデリシオーサの未成熟な株です。

モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、未成熟、成熟した株共にフリルが無いです。

モンステラボルシギアナ「オーレア」(フリルが無い)
モンステラボルシギアナ「オーレア」(フリルが無い)

オーレア

モンステラボルシギアナ「ホワイトタイガー」(フリルが無い)
モンステラボルシギアナ「ホワイトタイガー」(フリルが無い)

ホワイトタイガー

モンステラボルシギアナ「ハーフムーン」(フリルが無い)
モンステラボルシギアナ「ハーフムーン」(フリルが無い)

ハーフムーン

モンステラボルシギアナ(フリルが無い)
モンステラボルシギアナ(フリルが無い)

ボルシギアナ

モンステラデリシオーサ(未成熟株)

モンステラデリシオーサの成熟株にはフリルがありますが、以下の写真の通り、まだ成熟していない、モンステラデリシオーサにはフリルがありません。

羅紗葉変異株

モンステラデリシオーサ羅紗葉変異株(未成熟株時)
モンステラデリシオーサ羅紗葉変異株(フリルが無い未成熟株時)

羅紗葉変異株

マクロコズム

モンステラデリシオーサマクロコズム(未成熟株時)
モンステラデリシオーサマクロコズム(フリルが無い未成熟株時)

マクロコズム

コンパクタ

モンステラデリシオーサコンパクタ(未成熟株時)
モンステラデリシオーサコンパクタ(フリルが無い未成熟株時)

コンパクタ

イエローモンスター

モンステラデリシオーサイエローモンスター(未成熟株時)
モンステラデリシオーサイエローモンスター(フリルが無い未成熟株時)

イエローモンスター

実生株

モンステラデリシオーサ実生株(未成熟株時)
モンステラデリシオーサ実生株(フリルが無い未成熟株時)

実生株

成熟時の葉の大きさ

以下は私が栽培しているモンステラデリシオーサの仲間、イエローモンスターの巨大なです。80cm近くもある斑入りです。とても見ごたえがあります。

マクロコズムの様に葉に穴が沢山あいた綺麗な斑入りのイエローモンスター
マクロコズムの様に沢山穴の開いた葉を持つイエローモンスター(この写真は2022年7月11日に撮影しました。撮影した当時の栽培記録は「こちら」になります。)

以下は私が栽培しているモンステラボルシギアナの仲間、ホワイトタイガーの巨大なです。

モンステラボルシギアナの葉の大きさ
モンステラボルシギアナの葉の大きさ

40cm近くある斑入りです。ボルシギアナとしてはこれが最大サイズに近いの大きさです。

40cm近くあるモンステラボルシギアナの斑入りの葉
40cm近くあるモンステラボルシギアナの斑入りの葉

ただし中には例外があり、モンステラデリシオーサの仲間でもコンパクタと呼ばれる種類などはとても小さな葉をしています。

モンステラデリシオーサ(コンパクタ)の葉
モンステラデリシオーサ(コンパクタ)の葉

モンステラデリシオーサコンパクタ

モンステラデリシオーサの仲間の中でものサイズには大きな違いがあります。

モンステラデリシオーサ、マクロコズム、コンパクタを比較
モンステラデリシオーサ、マクロコズム、コンパクタを比較

以下のページでモンステラデリシオーサ、マクロコズム、コンパクタを並べて比較してみました。

モンステラデリシオーサ、マクロコズム、コンパクタを比較

複雑な葉の形状(葉に開く穴の数や切れ込みの深さ)

大きく成熟するにつれモンステラには深い切れ込みが入り、無数の穴があいてきます。モンステラデリシオーサの仲間であるマクロコズムと呼ばれる個体は、特にの切れ込みが激しく、にあく穴の数が多いです。これに対してモンステラボルシギアナは、どんなにが大きくなってもマクロコズムほど複雑なになった個体を見かけた事はありません。なので特に成熟時、形状が複雑なを持つモンステラデリシオーサの可能性が高いと判断できます。

複雑な葉の形状を持つマクロコズム(デリシオーサの仲間)
複雑な葉の形状を持つマクロコズム(デリシオーサの仲間)

モンステラデリシオーサ

穴があき葉の形状が綺麗な黄斑のモンステラボルシギアナ(オーレア)
穴があき葉の形状が綺麗な黄斑のモンステラボルシギアナ(オーレア)

モンステラボルシギアナ

節と節の間の長さ

モンステラは、葉柄気根成長点が発生するの付け根箇所にがあります。モンステラデリシオーサは、の間の距離が近いのに対して、モンステラボルシギアナは、の間の距離が離れています。

モンステラデリシオーサ(節と節の間が短い)
モンステラデリシオーサ(節と節の間が短い)

モンステラデリシオーサ

モンステラボルシギアナ(節と節の間が長い)
モンステラボルシギアナ(節と節の間が長い)

モンステラボルシギアナ

種類の違い

モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの種類の違いについてご紹介致します。モンステラデリシオーサは、コンパクタタイコンステレーションイエローモンスター)、マクロコズムの様に複数の種類に分類されています。これに対してモンステラボルシギアナは、ハーフムーンフルムーンホワイトタイガー(アルボ)オーレアというようにの入り方によって分類されています。ただし、モンステラデリシオーサでも、の入り方によって、ハーフムーンフルムーンイエローマリリンと分類されます。また、羅紗葉変異株の様に、実生株から発生した奇形個体として販売されているモンステラの種類は、モンステラデリシオーサしかみかけた事がありません。またスケルトンの様にかっこいいシャープなに深い切れ込みが入るモンステラは、モンステラデリシオーサの仲間でしか見かけません。

ボルシギアナの仲間

斑の入り方によって以下の様な呼名があります。

モンステラボルシギアナ

成長の違い

モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの成長の違いは、生育習性の違い、成長速度の違いに見られます。

生育習性の違い

モンステラデリシオーサは、地を這う様な成長をしながら上へと登って行くのに対して、モンステラボルシギアナは、初期の段階から上へと登って行く成長をします。

以下の写真はモンステラデリシオーサの仲間、タイコンステレーションを真横から撮影した写真です。モンステラデリシオーサの仲間は、写真の様に実生時から成長する株はまずは真横へと成長していきます。

横へと成長するモンステラデリシオーサ
横へと成長するモンステラデリシオーサ

真横へと成長するモンステラデリシオーサを時間をかけて縦に仕立てる事で幹上げ、根上がりといった姿にできます。以下は本来横へと成長するはずのモンステラデリシオーサを立ち上げながら仕立てた幹上げ、根上がりのイエローモンスターです。

幹上げ、根がりのモンステラ
幹上げ、根上がりのモンステラ

上記はタイコンステレーションイエローモンスターを例に成長の様子をご紹介致しましたが、デリシオーサの仲間には、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株など様々な種類がいます。詳細については、以下のモンステラデリシオーサのページでご紹介しています。

モンステラデリシオーサ

以下の写真はモンステラボルシギアナの仲間、ホワイトタイガーを真横から撮影した写真です。この写真を見ると明らかな様に、モンステラボルシギアナの仲間は、上へ上へと成長します。その為、モスポール・ヘゴ支柱を立ててあげる事によって、支柱を登りながら成長してくれます。

上へと成長するモンステラボルシギアナ
上へと成長するモンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナの詳細については、以下のページでご紹介しています。

モンステラボルシギアナ

モンステラは他の木などに絡みながら成長する半つる性の植物(つる性の着生植物)で、モンステラボルシギアナ以外でもsp. ペルーアカコヤグエンシスアクミナータアダンソニー(マドカズラ)エスケレートオブリクアサブピンナータシルテペカナスタンデリアナスプルセアナドゥビアピンナッティパルティタレクレリアナといったモンステラの種類でもココナッツ支柱モスポール・ヘゴ支柱があると状態よく成長してくれます。支柱の詳細については、以下のページでまとめています。

支柱・モスポール・ヘゴ(モンステラ栽培用)

成長速度の違い

同じ栽培条件下において、モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサよりも成長速度が速いとされています。ただし、幼少期、成熟時、生育環境、個体差などによって、必ずしもモンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサよりも成長速度が速いとは言い切れない気がします。

判別が難しい場合は植木鉢の中に隠れた根本で確認する

外見からモンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの判別が難しい場合、私は株の根元で調べる事があります。以下の写真は、共に白斑が入るモンステラの根元です。植木鉢の上に出ている姿だけでは、モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの判別が難しかったので、植え替え時に植木鉢から取り出した際に根本部分の比較をしてみました。

斑入りモンステラデリシオーサの根元(種から育てた実生苗。根元部分の節間の長さがとても狭い。)
斑入りモンステラデリシオーサの根元(種から育てた実生苗。根元部分の節間の長さがとても狭い。)
斑入りモンステラボルシギアナの根元(水耕栽培、もしくは茎伏せで育てた苗)
斑入りモンステラボルシギアナの根元(水耕栽培、もしくは茎伏せ、挿し木で育てられた苗。節間の長さが広い茎から根が出ている。)

上記の写真の通り、同じ白斑モンステラでも、以下の観点から、モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナなのかを確認する事ができます。

まとめ

モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナの違いを確認する為の主なポイントをまとめると以下の通りとなります。

違いの確認ポイント モンステラデリシオーサ モンステラボルシギアナ
葉柄部分のつなぎ目(フリル)の有無 有り 無し
成熟時のの大きさ 約1メートルとされている 50cm前後とされている
の形状 マクロコズムの様に複雑なを持つ種類がいる 複雑な形状のを持つ種類はいない
の間の長さ の間が短い の間が長い
生育習性の違い 地を這う様な成長をしながら上へと登る 成長初期の段階から上へと登る