モンステラは高温多湿を好む観葉植物です。湿度50~60%ぐらいが、栽培に適していると言われていますが、外気が乾燥する冬場はこの湿度を大きく下回ってしまう場合があります。湿湿度対策として葉水をこまめにしましょうとの記載をよく目にしますが、葉水を行った直後は湿度が上がるのですが、しばらくすると特に冬場は元の低い湿度に戻ってしまいます。部屋を常時一定の湿度に保つ為には、加湿器がとても便利です。特にタンクが大型のタイプで冬場は常時稼働させたままにしておくと、モンステラが好む湿度である50~60%がとても保ちやすいです。湿度が高い部屋は、人間にとっても乾燥肌対策、風邪予防、花粉症対策などにもなりメリットがあります。

加湿器

私が現在モンステラ栽培で利用している加湿器

以下は、モンステラを栽培する際、実際に利用している加湿器になります。冬場はとても空気が乾燥するので、加湿器を利用して室内湿度が一定に保たれる栽培環境を維持しています。業務用の大型の加湿器ですと、長時間利用する事ができます。以下の加湿器ですと温湿度計が標準装備されています。加湿器から少し離れた場所の温度湿度を計測したい場合は、温湿度計があると便利です。

大容量17L超音波式加湿器

特徴
  • モンステラ栽培に最適な湿度50~60%をキープする事ができる
  • 細菌やカビの繁殖を抑制する事ができる
  • 空焚き防止機能が付いた大型の加湿器であれば24時間稼働させたままにできる
商品の詳細
モンステラ栽培に適した加湿器
モンステラ栽培に適した加湿器
モンステラ栽培に適した加湿器

大容量17L超音波式加湿器の詳細を確認する

モンステラの栽培に必要な加湿器のご紹介は以上です。次にモンステラの栽培に必要な用品をご紹介いたします。

モンステラの栽培用品

私がマンションでモンステラを栽培している際、実際に利用している栽培用品について以下のページでご紹介いたします。

モンステラの栽培用品