葉の切れ込みが増えてゆくモンステラピナッティパルティタ

モンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)の切れ込みが増えてきました。成長するに連れ、更に細かく鋭いの切れ込みになってくるようです。

現在一番新しい開きかけたはこちらです。

モンステラピンナッティパルティタの切れ込みが増える(2022年11月13日の様子)

葉の切れ込みが増えてゆくモンステラピナッティパルティタ

2番目に新しいはこちらです。

葉の切れ込みが増えてゆくモンステラピナッティパルティタ

下のは切れ込みが少ない状態でした。

葉の切れ込みが増えてゆくモンステラピナッティパルティタ

上に登るに連れての切れ込みの数が増えている事が確認できます。

葉の切れ込みが増えてゆくモンステラピナッティパルティタ

2022年3月24日(過去の栽培記録はこちら)の時点では以下の写真サイズでした。別株に見えるかもしれませんが同一株です。この株が約8ヶ月で上記の姿に成長しました。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の新芽が展開

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録ページでご紹介致します。

本ページで紹介しているモンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録については、以下のページで全てまとめています。

関連記事:モンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録


モンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)

モンステラピナッティパルティタ(Monstera pinnatipartita)は、別名ジェイドウィングとも呼ばれています。切れ込みが入っていない状態、もしくは少し切れ込みが入り出した頃の葉は、モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)の様に表面が、ボコボコ、ゴツゴツ、デコボコとしています。モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)は、葉が楕円形で切れ込みが入らないのに対して、モンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)は細長い葉に切れ込みが入ります。大きく成長する程、葉の切れ込みが増し、美しく変化していくモンステラです。

関連記事:モンステラピナッティパルティタ(ジェイドウィング)