モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)にモスポール(ヘゴ支柱)を追加

2022年8月4日(過去記事はこちら)の栽培記録では、モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)でが成長してきた為、ココナッツ支柱を立ててみたのですが、モスポール(ヘゴ支柱)にした方が状態よく成長しそうな気がしたので、ココナッツ支柱からモスポール(ヘゴ支柱)へと切替ました。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)にモスポール(ヘゴ支柱)を追加

私が使用しているモスポール(ヘゴ支柱)は、以下のページでまとめています。

関連記事:モスポール・ヘゴ支柱(モンステラ栽培用)

こちらのモンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)を購入した当初は、2021年11月3日(過去記事はこちら)に撮影した以下の写真の通り、虫食いもあり、も細く元気がありませんでした。

爽やかなグリーンの葉が美しいモンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)

そこで2021年11月21日(過去記事はこちら)に、購入当初の株を掘り越してみたところ、水苔がもの凄い巻き付いた状態での中に埋められ、がとても苦しそうな状態であった事が判明しました。

調子が悪いモンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の根を掘り返す

に絡みついた全ての水苔を綺麗に取り除き、傷んだを全てカット(剪定)し、一枚のから、2022年3月24日(過去記事はこちら)より栽培をリセットスタートさせていました。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の新芽が展開

上記の過程を経て、現在のモンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の姿が以下の通りとなります。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)にモスポール(ヘゴ支柱)を追加

株元の古いには切れ込みが入っていました。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)にモスポール(ヘゴ支柱)を追加

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)にモスポール(ヘゴ支柱)を追加

最近出て来る新しいには切れ込みが無くなってきてしまっていますが、とても元気に成長しています。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)にモスポール(ヘゴ支柱)を追加

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録ページでご紹介致します。

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)の栽培記録


モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)

モンステラピンナッティパルティタ(Monstera pinnatipartita)は、別名ジェイドウィングとも呼ばれています。切れ込みが入っていない状態、もしくは少し切れ込みが入り出した頃の葉は、モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)の様に表面が、ボコボコ、ゴツゴツ、デコボコとしています。モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)は、葉が楕円形で切れ込みが入らないのに対して、モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)は細長い葉に切れ込みが入ります。大きく成長する程、葉の切れ込みが増し、美しく変化していくモンステラです。

モンステラピンナッティパルティタ(ジェイドウィング)