水耕栽培(水挿し)中のモンステラアクミナータの新しい芽が枯れる

2022年6月2日(過去記事はこちら)より水耕栽培(水挿し)で栽培しているモンステラアクミナータトップカット時からある新芽が黒く変色し枯れてきました。

モンステラアクミナータの芽が枯れる(2022年6月16日の様子)

水耕栽培(水挿し)中のモンステラアクミナータの新しい芽が枯れる

水耕栽培(水挿し)中のモンステラアクミナータの新しい芽が枯れる

本事象については、モンステラアダンソニー(マドカズラ)水耕栽培(水挿し)で既に確認済みで特に問題はありません。

水耕栽培(水挿し)中のモンステラアクミナータの新しい芽が枯れる

少しずつ新しいが伸びてきました。

水耕栽培(水挿し)で栽培しているモンステラアクミナータですが、6月の成長期は鉢植えで育てた方が良いと判断し、はそんなに生えていませんが、水耕栽培(水挿し)から鉢植えに移行しました。詳細は以下のページにアップしました。

次の栽培記録:トップカットのモンステラアクミナータを水耕栽培(水挿し)から鉢植えに移行

本ページで紹介しているモンステラアクミナータの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラアクミナータの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラアクミナータの栽培記録については、以下のページで全てまとめています。

関連記事:モンステラアクミナータの栽培記録


モンステラアクミナータ

モンステラアクミナータ(Monstera acuminata)は、モンステラアダンソニー(マドカズラ)に似たモンステラの種類です。モンステラアダンソニー(マドカズラ)との違いは一体何なんだろう?と思い海外のサイトで調べてみると、モンステラアダンソニー(マドカズラ)と比較すると”葉が小さい”、”葉の形状が楕円形”、”葉の先端が鋭く無い”、”葉の大きさに対して穴が大きく対で並ぶ”などの記載を見かけますが、違いを見分けるのが難しいです。モンステラエスケレートとの違いの比較になってくると更に難しいです。大きく成長した際に、モンステラアクミナータ、モンステラアダンソニー(マドカズラ)モンステラエスケレートとの比較が明確になってくる場合は、改めてご紹介していきたいと思います。

関連記事:モンステラアクミナータ