6月に入り大きな葉が開いたモンステラサブピンナータ

2021年10月1日(過去記事はこちら)に栽培を開始し、10月11月12月1月2月3月4月5月と栽培してきたモンステラサブピンナータですが、6月に入り今までで一番大きなを広げました。

6月に入り大きな葉が開いたモンステラサブピンナータ

6月に入り大きな葉が開いたモンステラサブピンナータ

栽培開始時の苗の時と比較すると、だいぶ元気に大きく成長してきました。

モンステラサブピンナータの挿し木栽培を開始

新しい気根を伸ばしながら、新しい次のを展開中です。

6月に入り大きな葉が開いたモンステラサブピンナータ

6月に入り大きな葉が開いたモンステラサブピンナータ

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラサブピンナータの栽培記録ページでご紹介致します。

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラサブピンナータの栽培記録

モンステラサブピンナータの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラサブピンナータの栽培記録


モンステラサブピンナータ

モンステラサブピンナータ(Monstera subpinnata)は、笹の葉の様な細い形状をした葉を持つモンステラです。モンステラの種類の中でも異質な葉の形状をしており、和風な雰囲気を感じます。一見モンステラではないような姿をしていますが、気根を伸ばしながら成長をしていきます。個人的には和風の雰囲気を感じるモンステラの種類が好きなので、モンステラサブピンナータと同じく和風な雰囲気を感じる羅紗葉のデリシオーサタイコンステレーション散り斑変異株は私が栽培しているモンステラの種類の中でもお気に入りです。

モンステラサブピンナータ