斑の枯れが止まらない黄斑のハーフムーン、モンステラsp. ペルー

の枯れが更に進行する黄斑ハーフムーンモンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)の様子です。

斑の枯れが止まらない黄斑のハーフムーン、モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)

斑の枯れが止まらない黄斑のハーフムーン、モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)

黄斑の部分全て枯れてしまったとしても、緑のが残っていれば光合成ができて、成長を促せるので引き続き経過観測をしていきたいと思います。

2022年1月9日、葉のほぼ全てが枯れてしまいました。詳細については、以下のページにアップしました。

葉のほぼ全てが枯れたモンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラsp. ペルーの栽培記録

モンステラsp. ペルーの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラsp. ペルーの栽培記録


モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)

モンステラsp. ペルー( Monstera sp.Peru )は、Monstera Karstenianum という名称でも呼ばれています。日本国内では、モンステラジェイドシャトルコック( Monstera Jade Shuttlecock )という名前でも販売されていますが、海外のサイトを見ているとモンステラsp. ペルー( Monstera sp.Peru )でしか検索にヒットしてきません。恐らくモンステラsp. ペルー( Monstera sp.Peru )が正式名称に思われます。モンステラ特有のに入る切れ込みは無く、ボコボコ、ゴツゴツ、デコボコとしたが特徴です。一般的に販売されている個体は、が緑一色ですが、クリーム色の斑(黄斑)が入る美しい斑入り個体も高値で販売されています。栽培環境栽培に必要な用品等は、他のモンステラの種類と同様です。栽培環境があえば、を次から次へと展開し、気根を伸ばし、ツルが伸びるように成長していきます。

モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)