モンステラの葉の先が真っ黒

トップカットホワイトタイガーから新しいが出て来たのですが、出て来た瞬間から先端が真っ黒でした。

モンステラの葉の先が真っ黒(2022年11月22日の様子)

モンステラの葉の先が真っ黒

この現象は2022年4月29日(過去の栽培記録はこちら)に記載したイエローモンスタートップカットでも同様の問題が発生しました。問題が発生した当時撮影した写真は以下の通りです。

トップカットで初めて出て来たイエローモンスターの新芽の先端が真っ黒

新しく開くモンステラの先端が真っ黒な事象が何故発生するのか?想像なのですが、モンステラのトップがカットされる以前、当然モンステラはトップから新しいを展開しようと成長しているのですが、「よし新しいを開くぞ」というタイミングでモンステラトップカットされてしまうと、新しいを開く為に栄養を送り込んでいたが突然全て無くなってしまう事から、新しいの先端までを開く栄養やエネルギーが行き渡らず、真っ黒なが展開してしまうのではないか?と思っています。

もうこうなってしまうとモンステラの新しいは正常には開きません。

モンステラの葉の先が真っ黒

でも株自体には写真の通り何も問題が無いため、数ヶ月後には今回正常に開かなかった葉柄部分から、新しいを展開してくるはずです。先に紹介したイエローモンスターも先端が真っ黒で正常に開かなかったの次に開いたは、以下の様にとても美しい葉でした(2022年10月17日の栽培記録にて詳細を記載)。

マクロコズムの様に葉に穴が沢山あいた綺麗な斑入りのイエローモンスター

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラボルシギアナの栽培記録ページでご紹介致します。

本ページで紹介している斑入りのモンステラボルシギアナ(ホワイトタイガー)の栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラボルシギアナの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録については、以下のページで全てまとめています。

関連記事:モンステラボルシギアナの栽培記録


モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると小さ目で、同じ栽培環境下においてはデリシオーサよりも成長が早いとされています。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。日本国内では、デリシオーサの様にコンパクタタイコンステレーションマクロコズムというような種類別の呼び名では無く、ハーフムーン、フルムーン、ホワイトタイガーというような斑の入り方の違いによる呼び名が付けられている事が多いです。海外では、斑入りのボルシアナ(ホワイトタイガー)を”Monstera Albo Borsigiana”の様に”アルボ”と名付けられているのをよく見かけます。私が実際に栽培しているモンステラボルシギアナについて、以下のページでご紹介いたします。

関連記事:モンステラボルシギアナ