新しく開いた穴のあいたモンステラボルシギアナの葉

2022年10月16日(過去の栽培記録はこちら)から約一ヶ月。があまり入っていない斑入りのモンステラに穴のあいた新しいが開きました。新しく開いたは緑一色です。

モンステラボルシギアナの穴のあいた新葉(2022年11月23日の様子)

新しく開いた穴のあいたモンステラボルシギアナの葉

新しく開いた穴のあいたモンステラボルシギアナの葉

去年の11月3日(過去の栽培記録はこちら)時点では、まだ以下の写真の通り葉っぱ2枚だけの小さな苗だったので、この一年でだいぶ成長しました。

爽やかなライムグリーンが美しい斑入りモンステラボルシギアナ

傷みやすいの部分が少ない斑入りのモンステラは、育てやすいのでとてもお気に入りです。今は希少な斑入りのモンステラを集める事よりも、状態よく美しく育てる事にはまっています。っと言いつつ、SNSやサイトに掲載していないだけで、集めているかも?しれませんけれど。このモンステラもとても状態良く元気に成長してくれています。

前回開いたわずかにが入るです。

新しく開いた穴のあいたモンステラボルシギアナの葉

下の方にあるは切れ込みの数が少なく穴もありません。

新しく開いた穴のあいたモンステラボルシギアナの葉

今ではモンステラらしい穴のあいたを開くところまで成長してくれました。この部屋の高さは、床から天井まで2メートル50センチあるので、2メートルぐらいになるまではカットせずに育ててみたいと思っています。

新しく開いた穴のあいたモンステラボルシギアナの葉

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラボルシギアナの栽培記録ページでご紹介致します。

本ページで紹介している斑入りのモンステラボルシギアナの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラボルシギアナの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録については、以下のページで全てまとめています。

関連記事:モンステラボルシギアナの栽培記録


モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると小さ目で、同じ栽培環境下においてはデリシオーサよりも成長が早いとされています。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。日本国内では、デリシオーサの様にコンパクタタイコンステレーションマクロコズムというような種類別の呼び名では無く、ハーフムーン、フルムーン、ホワイトタイガーというような斑の入り方の違いによる呼び名が付けられている事が多いです。海外では、斑入りのボルシアナ(ホワイトタイガー)を”Monstera Albo Borsigiana”の様に”アルボ”と名付けられているのをよく見かけます。私が実際に栽培しているモンステラボルシギアナについて、以下のページでご紹介いたします。

関連記事:モンステラボルシギアナ