緑が多目の斑入りモンステラ

2022年3月25日(過去記事はこちら)に更新して以来なので5ヵ月ぶりに斑入りモンステラボルシギアナ栽培記録を更新します。こちらのモンステラボルシギアナは、2021年11月3日(過去記事はこちら)に購入しました。フリマサービス内で、全然成長しないので格安販売しますとの事で購入したモンステラになります。購入当初は、ライムカラーがとても綺麗だなっと思っていたのですが、今ではスッカリ濃い緑になっています。こちらのモンステラは、斑入りなのですが緑が多目です。強くが入るモンステラの方が価格が高くて人気ですが、葉焼けしやすい株が多いので苦手です。緑が多いモンステラの方が育てやすくとても安心感があります。

以下は現在の姿です。

緑が多目の斑入りモンステラ

以下は2022年3月25日(過去記事はこちら)に撮影した姿です。

トップカットの斑入りモンステラボルシギアナに2枚目の新しい葉が開く

この5ヵ月間でが3枚増えました。

こちらは元株のです。緑多めで白くかすれた散斑が入る好みのです。

緑が多目の斑入りモンステラ

他のもかすかにが入る程度で緑が多目です。

緑が多目の斑入りモンステラ

緑が多目の斑入りモンステラ

現在トップで開いているは他のに比べるとが強めに入っていますが緑多めで安心です。

緑が多目の斑入りモンステラ

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラボルシギアナの栽培記録ページでご紹介致します。

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録

モンステラボルシギアナの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録


モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると小さ目で、同じ栽培環境下においてはデリシオーサよりも成長が早いとされています。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。日本国内では、デリシオーサの様にコンパクタタイコンステレーションマクロコズムというような種類別の呼び名では無く、ハーフムーン、フルムーン、ホワイトタイガーというような斑の入り方の違いによる呼び名が付けられている事が多いです。海外では、斑入りのボルシアナ(ホワイトタイガー)を”Monstera Albo Borsigiana”の様に”アルボ”と名付けられているのをよく見かけます。私が実際に栽培しているモンステラボルシギアナについて、以下のページでご紹介いたします。

モンステラボルシギアナ