私が栽培しているモンステラボルシギアナの栽培記録です。モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると成長が早いという記事を見かける事があるのですが、私の栽培環境下においては、特にモンステラボルシギアナだから成長が早いという事は感じられません。個体差による成長速度の違いはあっても、どの株も年間を通じてよく成長してくれています。私が現在栽培しているモンステラボルシギアナは、ハーフムーンフルムーンホワイトタイガーオーレアの4種類になります。それぞれのページで栽培記録をまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録

記事一覧

新着順に確認

一年で成長した斑入りモンステラの栽培記録
一年で成長した斑入りモンステラの栽培記録

一年前の2021年9月20日(過去記事はこちら)に斑入りのモンステラ(ホワイトタイガー)を購入して、ちょうど一年が経過しました。一年前に購入した時の姿と、一年後の成長した姿を比較してみたいと思います。 以下の写真が一年前 […]

続きを読む
上の葉になるほど白斑が多くなるモンステラホワイトタイガー
上の葉になるほど白斑が多くなるモンステラホワイトタイガー

最近上の葉になるほど白斑が増えてきたモンステラボルシギアナホワイトタイガーです。フルムーンの様に白斑一色では無く、下の葉には緑の箇所が多いので光合成には問題無いと思うのですが、白斑が増えると光合成が出来ず成長に支障をきた […]

続きを読む
緑が多目の斑入りモンステラ
緑が多目の斑入りモンステラ

2022年3月25日(過去記事はこちら)に更新して以来なので5ヵ月ぶりに斑入りモンステラボルシギアナの栽培記録を更新します。こちらのモンステラボルシギアナは、2021年11月3日(過去記事はこちら)に購入しました。フリマ […]

続きを読む
黄斑のモンステラオーレアの栽培は葉焼けが酷くとても難しい
黄斑のモンステラオーレアの栽培は葉焼けが酷くとても難しい

観葉植物の中でも丈夫でとても栽培しやすいモンステラですが、様々な種類のモンステラを栽培してきて、一番栽培が難しいと個人的に感じているのが黄斑のモンステラオーレアです。個体差にもよると思うのですが、私が栽培しているモンステ […]

続きを読む
散斑箇所で切り戻してもやはり白斑が多いフルムーンの葉が出てくるモンステラ
散斑箇所で切り戻してもやはり白斑が多いフルムーンの葉が出てくるモンステラ

真っ白な白斑が多いフルムーンの葉ばかりが出てくるモンステラがどうしても気に入らず、緑が多い散斑箇所で切り戻してもやはり白斑が多いフルムーンの葉が出てきてしまいます。今回開いた真っ白い葉が以下です。 この散斑が出てきて欲し […]

続きを読む
モンステラホワイトタイガーにモスポール(ヘゴ支柱)を追加
モンステラホワイトタイガーにモスポール(ヘゴ支柱)を追加

モンステラボルシギアナホワイトタイガーにモスポール(ヘゴ支柱)を追加しました。2022年8月7日(過去記事はこちら)までは、園芸用の支柱を利用していたのですが、更に大きく成長させたい為、モスポール(ヘゴ支柱)へと切替まし […]

続きを読む
そろそろ飼育を始めて一年が経過するモンステラホワイトタイガー
そろそろ栽培を始めて一年が経過するモンステラホワイトタイガー

去年の2021年9月20日(過去記事はこちら)から栽培を開始して、そろそろ一年が経過するモンステラボルシギアナホワイトタイガーです。栽培当初は元株の葉が3枚付いた状態でしたが、そのうち2枚は枯れ落ち、現在は1枚だけが残り […]

続きを読む
切り戻しても白斑が多いフルムーンの様な葉ばかりが開くモンステラ
切り戻しても白斑が多いフルムーンの様な葉ばかりが開くモンステラ

2022年7月6日(過去記事はこちら)に株を二つに分割した斑入りのモンステラボルシギアナですが、相変わらず白斑が多いフルムーンの様な葉ばかりが開きます。 以下は2022年7月6日(過去記事はこちら)に株を二つに分割した時 […]

続きを読む

過去の記事を全て確認する

モンステラの栽培を季節別に確認

モンステラの栽培を季節別に確認できるように一覧にしました。春は、3月4月5月。夏は、6月7月8月。秋は、9月10月11月。冬は、12月1月2月別にモンステラの様子を確認する事ができます。

モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると小さ目で、同じ栽培環境下においてはデリシオーサよりも成長が早いとされています。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。日本国内では、デリシオーサの様にコンパクタタイコンステレーションマクロコズムというような種類別の呼び名では無く、ハーフムーン、フルムーン、ホワイトタイガーというような斑の入り方の違いによる呼び名が付けられている事が多いです。海外では、斑入りのボルシアナ(ホワイトタイガー)を”Monstera Albo Borsigiana”の様に”アルボ”と名付けられているのをよく見かけます。私が実際に栽培しているモンステラボルシギアナについて、以下のページでご紹介いたします。

モンステラボルシギアナ