モンステラsp. ペルーの一番古い斑入りの葉が枯れ始める

2021年11月21日(過去記事はこちら)にに絡みついた水苔を除去してからとても元気になった斑入りモンステラsp. ペルーですが、一番古い斑入りが枯れ始めてきました。

モンステラsp. ペルーの一番古い斑入りの葉が枯れ始める

調子が悪いという事では無く、の寿命と思われます。

枯れて行く斑入りに惹かれ購入したモンステラsp. ペルーの株なので、古い葉とのお別れは少々寂しい気持ちにもなります。

しかし、一番新しく展開した新葉のの入り方を確認すると、枯れて行く古いを継承したへと成長しそうな雰囲気がとても漂っています。

モンステラsp. ペルーの一番古い斑入りの葉が枯れ始める

2番目に新しい新葉は、鮮やかな黄斑が輝き始めています。

モンステラsp. ペルーの一番古い斑入りの葉が枯れ始める

1月下旬になると古いは完全に枯れ、斑入りの新しいが大きく広がりました。詳細は以下のページにアップしました。

モンステラsp. ペルー、新しい斑入りの葉が大きく広がる

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラsp. ペルーの栽培記録

モンステラsp. ペルーの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラsp. ペルーの栽培記録


モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)

モンステラsp. ペルー( Monstera sp.Peru )は、Monstera Karstenianum という名称でも呼ばれています。日本国内では、モンステラジェイドシャトルコック( Monstera Jade Shuttlecock )という名前でも販売されていますが、海外のサイトを見ているとモンステラsp. ペルー( Monstera sp.Peru )でしか検索にヒットしてきません。恐らくモンステラsp. ペルー( Monstera sp.Peru )が正式名称に思われます。モンステラ特有のに入る切れ込みは無く、ボコボコ、ゴツゴツ、デコボコとしたが特徴です。一般的に販売されている個体は、が緑一色ですが、クリーム色の斑(黄斑)が入る美しい斑入り個体も高値で販売されています。栽培環境栽培に必要な用品等は、他のモンステラの種類と同様です。栽培環境があえば、を次から次へと展開し、気根を伸ばし、ツルが伸びるように成長していきます。

モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)