モンステラを栽培する支柱は、園芸用支柱、ココナッツ支柱、モスポール・ヘゴ支柱と様々な種類がありますが、モンステラの種類の中でもモンステラボルシギアナモンステラデリシオーサを育てる際に支柱仕立てで一番よく成長したおすすめの支柱は、透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱と呼ばれる黒い網状の支柱です。実際に私自身が、透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱を使ってどの様にモンステラを仕立てているかについてご紹介致します。

目次

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱が購入できる場所

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱(モンステラ栽培用)は、ネット通販で購入する事ができます。4メートルの長尺は、Yahoo!ショッピングで直径別に購入する事ができます。直径約5センチ、長さ50センチのタイプは、楽天で購入する事ができます。直径約6センチ、長さ95センチのタイプは、Amazonで購入する事ができます。

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱の種類

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱(モンステラ栽培用)は、様々な種類があります。整理すると以下の通りとなります。

楽天・Amazonで購入できる透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱

楽天では、プラ支柱の名称で販売されています。販売されている種類は、直径約5センチ、長さ50センチのタイプと、直径約6センチ、長さ95センチのタイプとなります。Amazonでは、プラ支柱の名称で販売されています。販売されている種類は、直径約6センチ、長さ95センチのタイプとなります。

直径約5センチ、長さ50センチ(楽天)

モンステラ用プラ支柱50センチ

直径約6センチ、長さ95センチ(楽天)

モンステラ用プラ支柱95センチ

直径約6センチ、長さ95センチ(Amazon)

モンステラ用プラ支柱95センチ

Yahoo!ショッピングで購入できる透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱

Yahoo!ショッピングでは、透水管・ネトロンパイプの名称で販売されています。Yahoo!ショッピングで販売されている透水管・ネトロンパイプは、全て長さが4メートルとなります。種類は、EP-50(内径:5.2センチ、外形:6センチ)EP-65(内径:7.25センチ、外径:7.6センチ)EP-75(内径:8.25センチ、外径:8.9センチ)EP-100(内径:10.65センチ、外径:11.4センチ)EP-125(内径:12.8センチ、外径:14.0センチ)EP-150(内径:15.5センチ、外径:16.5センチ)EP-200(内径:20.45センチ、外径:21.6センチ)EP-250(内径:25.35センチ、外径26.7:センチ)です。

EP-50(5.2センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ50

内径:5.2センチ、外形:6センチ

EP-65(7.25センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ65

内径:7.25センチ、外径:7.6センチ

EP-75(8.25センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ75

内径:8.25センチ、外径:8.9センチ

EP-100(10.65センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ100

内径:10.65センチ、外径:11.4センチ

EP-125(12.8センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ125

内径:12.8センチ、外径:14.0センチ

EP-150(15.5センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ150

内径:15.5センチ、外径:16.5センチ

EP-200(20.45センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ200

内径:20.45センチ、外径:21.6センチ

EP-250(25.35センチ)

モンステラ用ネトロンパイプ250

内径:25.35センチ、外径26.7:センチ

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱の加工方法

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱を加工は、固いプラスチックをカットする作業になってきます。加工時に怪我をしない対策をする必要があります。

加工する際の道具

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱を加工する際に必要な道具は、マスキングテープ、大型のカッターナイプラスチック用ハサミ防刃手袋です。直径が大きい大型の透水管・ネトロンパイプを加工する際には、カッターナイを使って力の入る作業を行う事になるので、怪我をしない様に防刃手袋があった方が安心です。カッターナイの取扱が心配な場合は、プラスチック用ハサミがあると作業が楽になります。ただし、EP-125(12.8センチ)以上の透水管・ネトロンパイプとなると、プラスチックの厚みがかなり増してくるので、電動のカッターがあると更に加工作業が楽になります。

マスキングテープ

大型のカッターナイフ

プラスチック用ハサミ

防刃手袋

加工手順

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱の加工手順をご紹介致します。以下の加工方法については、Yahoo!ショッピングで購入した4メートルの透水管・ネトロンパイプになります。Yahoo!ショッピングで販売されている透水管・ネトロンパイプは、様々なサイズがありますが、モンステラボルシギアナであれば、EP-50(内径:5.2センチ、外形:6センチ)EP-65(内径:7.25センチ、外径:7.6センチ)モンステラデリシオーサであれば、EP-75(内径:8.25センチ、外径:8.9センチ)以上がおすすめです。特に大きく成熟したモンステラデリシオーサは、透水管・ネトロンパイプの内部に潜り込んだ気根でプラスチックを捻じ曲げてしまいますので、なるべく内径が大きい透水管・ネトロンパイプを選んだ方がよいです。私は成熟したモンステラデリシオーサを透水管・ネトロンパイプで仕立てる際には、EP-125(内径:12.8センチ、外径:14.0センチ)EP-150(内径:15.5センチ、外径:16.5センチ)あたりを利用しています。

手順1:納品チェック

こちらは納品された透水管・ネトロンパイプです。過去、かなり曲がった商品が届いた事があったので、注文の際、なるべく曲がりが無い真っ直ぐな商品をお願いしますと言付けておいが方が安心です。4メートルの長さなのでかなり大きいです。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

手順2:長さのカット

届いた状態では4メートルとかなり長いので、好みの長さにカットします。カットの際には、マスキングテープ、大型のカッターナイを使ってカットします。マスキングテープを使うと正確にカットする事ができます。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)
透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

こちらは長さ1メートル50センチにカットしています。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

手順3:前面溝のカット

モンステラを支柱に登らせる為の前面部分をカットします。カットする幅は、育てているモンステラのサイズに合わせてカットするのですが、狭すぎるとモンステラ支柱に括り付けた際に傷付けてしまう為、少し広めにカットする様にしています。カットする際にはマスキングテープを使うと真っ直ぐにカットし易いです。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

加工する際には、大型のカッターナイプラスチック用ハサミ防刃手袋を使います。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

マスキングテープに沿ってカットすると以下の状態となります。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

最下部は、以下の写真の通り前面部分を残してもよいですし、残さず前面部分は全てカットしてもよいです。特に大きめのモンステラを植え付ける際には、前面部分は残さず最下部までカットしてしまった方が扱いやすいです。

透水管・ネトロンパイプ(モンステラ用支柱)

植え替え

支柱(透水管・ネトロンパイプ)の加工が終わったらいよいよ植え替えです。

向かって左側が加工済みの新しい支柱「EP-150(内径:15.5センチ、外径:16.5センチ)」です。向かって右側は植え替え前のモンステラです。植え替え前まで利用していた支柱は、直径約8センチ、長さ1メートルだったのですが、これでは強度が足りず、支柱の中に潜り込んだ気根の成長力によって、支柱がグニャグニャと曲がってしまいました。植え替え時の詳細は以下のページにまとめています。

支柱の中の用土に関して

植木鉢の中の用土は、モンステラの栽培用品一覧ページでまとめている用土を利用しているのですが、支柱の中は、ココチップ(ヤシガラ・ハスクチップ)赤玉土(中粒)軽石鹿沼土をブレンドして使っています。混ぜる割合は、ココチップ(ヤシガラ・ハスクチップ)赤玉土(中粒)軽石鹿沼土が、3:2:2:1ぐらいの割合になるようにブレンドしています。ただし、これは一例で、ココチップ(ヤシガラ・ハスクチップ)だけを支柱に入れて育てている株もあります。ココチップ(ヤシガラ・ハスクチップ)だけでもモンステラは十分に成長しています。

モンステラの支柱に入れる用土

新しい支柱(透水管・ネトロンパイプ)で育てたモンステラ

以下は手作りの支柱(透水管・ネトロンパイプ)で育てたモンステラです。とても状態よく大きく成長しています。

手作りの支柱(透水管・ネトロンパイプ)で育てたモンステラ

こちらのモンステラの種類は、モンステラスケルトンです。モンステラスケルトンの詳細は以下のページでまとめています。

手作りの支柱(透水管・ネトロンパイプ)で育てたモンステラ

こちらのモンステラの種類は、モンステラタイコンステレーションです。モンステラタイコンステレーションの詳細は以下のページでまとめています。

モンステラの支柱仕立てについては、以下のページでご紹介しています。

支柱(透水管・ネトロンパイプ)で栽培したモンステラの栽培記録

支柱(透水管・ネトロンパイプ)で栽培しているモンステラの栽培記録は、以下のページでまとめています。

緑斑がとても綺麗なモンステラセブブルーミント新着!!

モンステラセブブルーミントは、新葉展開時は白斑で時間の経過と共にミント斑になると紹介されていたり、白斑から緑斑へと変化すると紹介されていたりするのですが、大株になるまで育てていると様々な斑の変化を観察する事ができます。栽 […]

続きを読む
初めて穴があいた美しい斑入りの葉が復活したモンステラセブブルーミント

2023年9月24日(過去の栽培記録はこちら)に斑が入らない緑一色の葉が開いたセブブルーミントのモンステラですが、今回は美しい斑入りの葉が復活しました。しかも初めて穴のあいたモンステラらしい葉が開きました。2023年4月 […]

続きを読む
モンステラスケルトンを直径15cmの極太支柱へ植え替え

2022年5月10日(過去の栽培記録はこちら)よりボトムカットから育てているモンステラスケルトンが大きく成長し、今まで使っていた内径約8センチの支柱が気根で捻じ曲げられてしまう為、内径約15センチの支柱へ切り替えを行いま […]

続きを読む
モンステラマクロコズム、一年間の成長記録
モンステラマクロコズム、一年間の成長記録

モンステラマクロコズムを2022年4月24日(過去の栽培記録はこちら)から、マンションで栽培を開始して気が付けば一年が経過していました。一年間の成長の様子をまとめてみたいと思います。 モンステラマクロコズム、一年間の成長 […]

続きを読む
支柱を追加して大きく成長したモンステラタイコンステレーション
モンステラデリシオーサの葉を大きく成長させる方法

モンステラデリシオーサの葉を大きく成長させる方法は、モンステラボルシギアナの葉を大きく成長させる方法と変わりありません。モンステラは上に登れば登るほど葉にあく穴の数、葉の切れ込みの数が増え、葉のサイズが大きくなります。室 […]

続きを読む
モンステラのトップの葉
モンステラボルシギアナの葉を大きく成長させる方法

モンステラボルシギアナの葉を大きく成長させる方法は、モンステラデリシオーサの葉を大きく成長させる方法と変わりありません。栽培しているモンステラの茎を観察していると、葉が小さく切れ目も少ない頃の茎は細く、葉が大きく切れ目と […]

続きを読む

モンステラ栽培用の支柱

栽培しているモンステラを支える支柱には、園芸用支柱ココナッツ支柱モスポール・ヘゴ支柱透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱があります。モンステラの種類栽培環境、その時の生育具合によって、適する適さないがあると思うのですが、私は以下の様な分類でそれぞれの支柱を使い分けています。

園芸用支柱

園芸用支柱(モンステラ栽培用)

園芸用支柱は、形の乱れたモンステラを支える為に利用しています。詳細については、具体的に使用している場面を撮影しながら以下のページでご紹介しています。

ココナッツ支柱

ココナッツ支柱モンステラ栽培用

ココナッツ支柱は、アダンソニー(マドカズラ)スタンデリアナ(ハネカズラ)ドゥビアの栽培で使用しています。詳細については、具体的に使用している場面を撮影しながら以下のページでご紹介しています。

モスポール・ヘゴ支柱

モスポール・ヘゴ(モンステラ栽培用)

モスポールは、上部へ登る習性が強いモンステラを支える為に使用しています。詳細については、具体的に使用している場面を撮影しながら以下のページでご紹介しています。

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱

透水管・ネトロンパイプ・プラ支柱は、モンステラの種類の中でもモンステラボルシギアナモンステラデリシオーサを育てる際の支柱仕立てでおすすめの支柱です。

モンステラ栽培用の支柱については以下のページでご紹介しています。