スタンデリアナ(ハネカズラ)がハーフムーンから散斑に変わる

2021年9月20日時点の記事では、完全に白斑ハーフムーンだったスタンデリアナ(ハネカズラ)は、栽培一ヶ月以上が経過した現在、ハーフムーンだった葉は枯れ落ち、完全に散斑スタンデリアナ(ハネカズラ)へになってしまいました。

スタンデリアナ(ハネカズラ)がハーフムーンから散斑に変わる

スタンデリアナ(ハネカズラ)がハーフムーンから散斑に変わる

スタンデリアナ(ハネカズラ)がハーフムーンから散斑に変わる

の種類は変わってしまいましたが株自体はとても元気です。今後、成長の変化がありましたら栽培記録に追加していきます。

2022年3月24日、栽培当初から2倍ぐらいのサイズにスタンデリアナ(ハネカズラ)が成長した為、植木鉢のサイズを変更しました。詳細は以下のページにアップしました。

スタンデリアナ(ハネカズラ)が成長してきたので植木鉢のサイズを変更

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラスタンデリアナ(ハネカズラ)の栽培記録

モンステラスタンデリアナ(ハネカズラ)の栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラスタンデリアナ(ハネカズラ)の栽培記録


モンステラスタンデリアナ(ハネカズラ)

モンステラスタンデリアナ(Monstera standleyana)は、別名ハネカズラとも呼ばれています。ハネカズラは、白斑黄斑ハーフムーン散斑の個体をよく見かけます。斑入りのモンステラの中でも、モンステラデリシオーサモンステラボルシギアナモンステラアダンソニー(マドカズラ)モンステラsp. ペルー(ジェイドシャトルコック)などは高い価格で販売されていますが、これらのモンステラの種類と比較すると、ハネカズラの斑入りは、入手しやすい価格で販売されている事があります。海外でモンステラボルシギアナのホワイトタイガーのことをアルボと呼ばれていますが、ハネカズラも霜降りのような散斑が入る種類の事は、Monstera standleyana 'Albo Variegata' と呼ばれています。

モンステラスタンデリアナ(ハネカズラ)