成長が遅いモンステラオブリクア、栽培7ヵ月目に新葉を確認

2021年10月3日(過去記事はこちら)より栽培しているモンステラオブリクアですが、栽培7ヵ月目にしてようやく新しいを確認する事ができました。

2021年10月3日から本日までに、何度かモンステラオブリクアの栽培記録ページを更新していたのですが、今まではひたすら伸び続けるランナー(ツル)について紹介していました。

以下は、2021年11月21日に撮影したランナー(ツル)の写真です。

モンステラオブリクアのランナー(ツル)が伸びる

関連記事:モンステラオブリクアのランナー(ツル)が伸びる

以下は、2021年12月14日に撮影したランナー(ツル)の写真です。この時、40型の自動給水プランターに変更したのですが、プランターがサイズアップした分、ランナー(ツル)も長く伸びた状態で、2022年3月にはプランター内を一周してしまうのではないか?と思うほどランナー(ツル)が伸びまくりました。

モンステラオブリクアの植え替え

関連記事:モンステラオブリクアの植え替え

そして伸びに伸びまくったランナー(ツル)の先端から、栽培7ヵ月目にしてようやく新しいが出てきました。

いつ葉が出てくる?と思っていたモンステラオブリクア、栽培7ヵ月目に新しい葉を確認

まだ開いた状態にはなっていませんが、に穴が開いている事がこの状態からでも把握する事ができます。

いつ葉が出てくる?と思っていたモンステラオブリクア、栽培7ヵ月目に新しい葉を確認

こちらは今までの古いです。葉焼けのせいでしょうか?の先端が枯れ、全体も薄い黄色に変色してきてしまいました。

いつ葉が出てくる?と思っていたモンステラオブリクア、栽培7ヵ月目に新しい葉を確認

以下は、モンステラオブリクア栽培開始当初(2021年10月3日)に撮影した同じ葉です。栽培開始当初のと比較すると、かなり変色している事が確認できます。

高価なモンステラオブリクアを購入

関連記事:高価なモンステラオブリクアを購入

40型の自動給水プランターには、水苔を敷いて乾燥しないようにしています。

いつ葉が出てくる?と思っていたモンステラオブリクア、栽培7ヵ月目に新しい葉を確認

モンステラオブリクアは、高温多湿を好み、好みの栽培環境ではに大きな穴を空けながらを成長させ、好みでは無い栽培環境では、ツルを伸ばして適切な栽培環境を捜すという話を以前聞いた事があります。

恐らく5月になり、温度と湿度が上がり、モンステラオブリクアが好む高温多湿な環境に変化してきた為、が成長してきたものと思われます。モンステラオブリクアと同じく、以下のモンステラの種類は、暖かくならないと成長に変化を感じられないと実際に栽培をしていて感じました。

人為的に高温多湿な環境を作り出せば、成長は加速するものと思われますが、現在はあえて自然環境のまま栽培しながら成長の様子を観察しています。

栽培7ヵ月目にしてようやくモンステラオブリクアの新しいが開いてきました。詳細は以下のページにアップしました。

栽培7ヵ月目にしてようやく新しい葉が開いたモンステラオブリクア

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラオブリクア栽培記録

モンステラオブリクア栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラオブリクア栽培記録


モンステラオブリクア

モンステラオブリクア(Monstera obliqua)は、モンステラアダンソニー(マドカズラ)モンステラアクミナータモンステラエスケレートと比較するとその違いは一目瞭然で、縦長に伸びる葉に、大きく開いた穴。葉には凸凹した波の様な形状が入ります。私はこの不思議な形状の葉を眺めていると、ドクロにも見えてきてしまいます。モンステラを代表するデリシオーサボルシギアナ、他のモンステラの種類と比較しても、モンスター(オバケ)な雰囲気をとても感じてしまいます。実際に栽培しているとなんとなく爬虫類を栽培しているような感覚にもなってくる不思議な観葉植物です。オブリクアは、栽培環境の条件(温度湿度等)が良いと葉を立ち上げ、大きく穴を広げながら成長します。逆に適さない栽培環境だと、ランナー(ツル)を適した栽培環境まで伸ばし、そこで新芽を出して成長するという話を聞いた事があります。

モンステラオブリクア