一夏でもの凄い成長したモンステラオブリクア

そろそろモンステラオブリクアの成長が止まる冬がやってきますが、モンステラオブリクアは一だけでもの凄い成長しました。

以下の写真は直前の2022年5月30日(過去の栽培記録はこちら)に撮影した写真です。

モンステラオブリクアの一夏の成長(2022年10月21日の様子)

栽培7ヵ月目にしてようやく新しい葉が開いたモンステラオブリクア

この頃は給水プランターを使って水苔で栽培を行っていました。親株からようやく子株のが1枚開いたところです。

そして以下が現在のモンステラオブリクアです。とても上記写真と同じ株に見えないかと思いますが同じ株です。

一夏でもの凄い成長したモンステラオブリクア

向かって左が子株です。もうとても子株には見えません。

一夏でもの凄い成長したモンステラオブリクア

向かって右側が親株です。親株の古いは枯れ落ちてしまいました。

一夏でもの凄い成長したモンステラオブリクア

来年のに向けてモンステラオブリクアの休眠期へと入ります。

モンステラオブリクアに急成長した要因は、2022年7月19日(過去の栽培記録はこちら)に、株分けを行い水苔栽培から鉢植えに変更した事です。当時の様子は、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:モンステラオブリクアを株分けして鉢植えに変更

11月下旬となり外はだいぶ寒くなってきましたが、モンステラオブリクア屋内栽培で成長しています。詳細は以下のページにアップしました。

次の栽培記録:11月でも窓際で成長を続けるモンステラオブリクア

本ページで紹介しているモンステラオブリクアの栽培記録一覧

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラオブリクアの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラオブリクアの栽培記録については、以下のページで全てまとめています。

関連記事:モンステラオブリクアの栽培記録


モンステラオブリクア

モンステラオブリクア(Monstera obliqua)は、モンステラアダンソニー(マドカズラ)モンステラアクミナータモンステラエスケレートと比較するとその違いは一目瞭然で、縦長に伸びる葉に、大きく開いた穴。葉には凸凹した波の様な形状が入ります。私はこの不思議な形状の葉を眺めていると、ドクロにも見えてきてしまいます。モンステラを代表するデリシオーサボルシギアナ、他のモンステラの種類と比較しても、モンスター(オバケ)な雰囲気をとても感じてしまいます。実際に栽培しているとなんとなく爬虫類を栽培しているような感覚にもなってくる不思議な観葉植物です。オブリクアは、栽培環境の条件(温度湿度等)が良いと葉を立ち上げ、大きく穴を広げながら成長します。逆に適さない栽培環境だと、ランナー(ツル)を適した栽培環境まで伸ばし、そこで新芽を出して成長するという話を聞いた事があります。

関連記事:モンステラオブリクア