モンステラボルシギアナの株を二つに分割

2021年9月20日(過去記事はこちら)より栽培している斑入りモンステラボルシギアナの株を二つに分割しました。

以下の写真が2021年9月20日に撮影した写真です。散斑ハーフムーンの2枚のが一本のでつながったモンステラボルシギアナです。

初めて購入したモンステラボルシギアナのハーフムーン

そして以下の写真が本日(2022年7月6日)撮影した写真です。約10か月で、向かって右側だけが成長を続けています。元々ハーフムーンだったのですが、現在は完全にフルムーン状態です。葉焼けを気にせず明るい場所に置いている為、白斑部分の葉焼けが進行していますが、株はとても元気です。

モンステラボルシギアナの株を二つに分割

散斑ハーフムーンの間にあったの部分で二つに分割しました。上記2つの植木鉢は、ちょうど赤い点線のところで2分割にしました。

モンステラボルシギアナの株を二つに分割

分割した理由は、当初ハーフムーンだった側からはフルムーンばかりが展開してしまっており、今後光合成があまりできないであろうの状態でどこまで成長する事ができるんだろう?と試してみたくなった為です。

モンステラボルシギアナの株を二つに分割

株元のハーフムーンの箇所で切り戻そうかとも思ったのですが、フルムーンフルムーンで今後どこまで成長するのか?も確認したかったので散斑との間の間で分割しました。

当初ハーフムーンだった株側から出て来るは、現在は全てフルムーンです。

モンステラボルシギアナの株を二つに分割

分割した散斑側も株の根元を確認してみると、早速新しい芽が出てきました。

モンステラボルシギアナの株を二つに分割

7月モンステラの成長はとても早いです。

モンステラボルシギアナの株を二つに分割

引き続き成長に変化がありましたら、モンステラボルシギアナの栽培記録ページでご紹介致します。

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録

モンステラボルシギアナの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録


モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると小さ目で、同じ栽培環境下においてはデリシオーサよりも成長が早いとされています。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。日本国内では、デリシオーサの様にコンパクタタイコンステレーションマクロコズムというような種類別の呼び名では無く、ハーフムーン、フルムーン、ホワイトタイガーというような斑の入り方の違いによる呼び名が付けられている事が多いです。海外では、斑入りのボルシアナ(ホワイトタイガー)を”Monstera Albo Borsigiana”の様に”アルボ”と名付けられているのをよく見かけます。私が実際に栽培しているモンステラボルシギアナについて、以下のページでご紹介いたします。

モンステラボルシギアナ