白いフルムーンから黄斑の散斑が入った葉が開いたモンステラデリシオーサ

2022年5月16日(過去記事はこちら)より栽培を開始し、2022年6月16日(過去記事はこちら)に真っ白いフルムーンの様なが開いた斑入りモンステラデリシオーサに、黄斑散斑が入った新しいが開いてきました。

斑入りモンステラデリシオーサの散斑(2022年6月26日の様子)

白いハーフムーンから黄斑の散斑が入った葉が開いたモンステラデリシオーサ

白いハーフムーンから黄斑の散斑が入った葉が開いたモンステラデリシオーサ

白いハーフムーンから黄斑の散斑が入った葉が開いたモンステラデリシオーサ

白いハーフムーンから黄斑の散斑が入った葉が開いたモンステラデリシオーサ

これからどんな斑入りのモンステラデリシオーサに成長するのか楽しみな株です。

8月に入り斑入りモンステラデリシオーサに3枚目のが開きました。詳細は以下のページにアップしました。

次の栽培記録:斑入りのモンステラデリシオーサに3枚目の葉が開く

本ページで紹介している斑入りモンステラデリシオーサの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介している斑入りモンステラデリシオーサの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

斑入りモンステラデリシオーサの栽培記録については、以下のページで全てまとめています。

関連記事:斑入りモンステラデリシオーサの栽培記録


モンステラデリシオーサ

モンステラデリシオーサのデリシオーサは、英語で「おいしい」を意味する"delicious"に由来しているとされています。これはモンステラになる実が「おいしい」という理由からです。一般に観葉植物として市場に流通しているモンステラは、モンステラデリシオーサとモンステラボルシギアナの2種類があります。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。モンステラデリシオーサは、ボルシギアナと比較して大きなを持ち、自然界では1メートル以上の巨大なを持つ場合もあります。モンステラデリシオーサには、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株斑入りなどの種類があり、奇形をした変異株もボルシギアナよりも多く見かけます。私が実際に栽培しているモンステラデリシオーサについて、以下のページでご紹介いたします。

関連記事:モンステラデリシオーサ