そろそろ栽培を始めて一年が経過するモンステラホワイトタイガー

去年の2021年9月20日(過去記事はこちら)から栽培を開始して、そろそろ一年が経過するモンステラボルシギアナホワイトタイガーです。栽培当初は元株のが3枚付いた状態でしたが、そのうち2枚は枯れ落ち、現在は1枚だけが残り、栽培約一年で6枚の新しいを開きました。ハーフムーンの方が人気がありそうですが、個人的には散斑のホワイトタイガーの方がの模様が楽しめて好きです。

そろそろ栽培を始めて一年が経過するモンステラホワイトタイガー

一番上で開いているトップのです。2022年7月25日(過去記事はこちら)の栽培記録では、まだくるくる丸まった状態のでしたが、現在は完全に開きました。トップのは、少し黄色がかった白斑をしています。ミントの様な色も交じり綺麗です。

そろそろ栽培を始めて一年が経過するモンステラホワイトタイガー

下の方のは完全に白斑散斑です。切れ込みが沢山ある似た様な小型のが4枚あります。最近開いたトップ2枚のは、切れ込みの数が減り、のサイズが大きくなりました。

そろそろ栽培を始めて一年が経過するモンステラホワイトタイガー

これから更にのサイズが大きくなり、の切れ目や穴が増えていくと思われます。

モンステラボルシギアナホワイトタイガーモスポール(ヘゴ支柱)を追加しました。詳細は以下のページにアップしています。

モンステラホワイトタイガーにモスポール(ヘゴ支柱)を追加

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録

モンステラボルシギアナの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラボルシギアナの栽培記録


モンステラボルシギアナ

モンステラボルシギアナは、モンステラデリシオーサと比較すると小さ目で、同じ栽培環境下においてはデリシオーサよりも成長が早いとされています。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。日本国内では、デリシオーサの様にコンパクタタイコンステレーションマクロコズムというような種類別の呼び名では無く、ハーフムーン、フルムーン、ホワイトタイガーというような斑の入り方の違いによる呼び名が付けられている事が多いです。海外では、斑入りのボルシアナ(ホワイトタイガー)を”Monstera Albo Borsigiana”の様に”アルボ”と名付けられているのをよく見かけます。私が実際に栽培しているモンステラボルシギアナについて、以下のページでご紹介いたします。

モンステラボルシギアナ