栽培約5ヵ月でようやく新しい葉が出て来たトップカットのモンステラスケルトン

2022年2月24日(過去記事はこちら)より栽培を開始したトップカットモンステラスケルトンにようやく一枚目の新しいが出て来ました。新しいが出て来るまで、栽培開始から約5ヵ月かかりました。2022年5月22日(過去記事はこちら)に栽培開始から約3ヵ月目でようやくを確認する事ができました。を確認できてから、新しいが開くまで2ヵ月かかりました。

気のせいかもしれないのですが、新しいが出て来るまでに時間がかかった株から出て来るは、大きかったり、複雑な形状をしているが多い気がします。表に出て来るまでの間、時間をかけてエネルギーを内側に蓄積した結果、が大きくなっていたりするのでしょうか?

園芸関係の動画をみていると、モンステラを大きくする為には古いを切った方がよいですとか、光合成を促進させる為にも切らない方がよいなど、専門家の方々であっても言ってる事が違うので、園芸関係の動画は一切みなくなってしまいました。
自ら栽培して育てた結果の事実で色々と判断していこうと思います。

以下の写真で向かって左側が今回新しいが出て来たトップカットモンステラスケルトンです。向かって右側がボトムカットモンステラスケルトンです。

栽培約4ヵ月でようやく新しい葉が出て来たトップカットのモンステラスケルトン

これらのモンステラスケルトンは、ほぼ同時期に栽培を開始した同一株から2つに切り分けた株になります。

トップカットのモンステラスケルトンの栽培開始時の栽培記録は以下です。

モンステラスケルトンのトップカットを水耕栽培(水挿し)で栽培開始

ボトムカットのモンステラスケルトンの栽培開始時の栽培記録は以下です。

モンステラスケルトンのボトムカットの栽培を開始

栽培当初の株と現在の株を比較するとの数が少ない理由は、限られたスペースで栽培している為、古いは切り落としてしまった為です。

ボトムカットはあらかじめがある為か成長がとても早く次から次へと新しいを展開します。ボトムカットに対してトップカットは、成長は遅いものの元々トップで開いていたの形状を引き継いだを大きく広げます。早い成長を楽しみたいのであればボトムカット。元株のトップの形状を引き継いだ形で大きなを求めるのであればトップカット。ゼロからリセットで栽培を開始したかったり、出来るだけ価格の安い株を手に入れたい場合はミッドカット。という選択基準になってくる気がします。この考え方はあくまで私の見解で、他の方はまた違った見方をするかもしれません。

栽培約4ヵ月でようやく新しい葉が出て来たトップカットのモンステラスケルトン

トップカットモンステラスケルトンも新しいが開きましたので成長の速度が上がるかもしれません。

こちらが今回トップカットモンステラスケルトンから出て来た新しいです。少し開いただけでの切れ込みの深さ、葉の鋭さに穴もあいている事ができる凄いです。大きく広がりが固まった時には、どのような姿になるのかとても楽しみです。

栽培約4ヵ月でようやく新しい葉が出て来たトップカットのモンステラスケルトン

モンステラスケルトンの新しいが大きく開いてきました。詳細は以下のページにアップしました。

トップカットから栽培したモンステラスケルトンの新しい葉が大きく開く

栽培記録一覧

本ページで紹介しているモンステラの栽培記録

時系列で栽培記録が確認しやすいように本ページでご紹介しているモンステラの栽培記録のみを一覧で以下にまとめています。

モンステラデリシオーサスケルトンの栽培記録

モンステラデリシオーサスケルトンの栽培記録については、以下のページでまとめています。

モンステラデリシオーサスケルトンの栽培記録


モンステラデリシオーサスケルトン

モンステラデリシオーサスケルトンは、マクロコズムとシエラナを合わせた様なの形状をしているのが特長です。マクロコズムは、に開く穴の数が多いのが特長のモンステラデリシオーサの仲間で、シエラナは深い切れ込みに鋭く細いが特長のモンステラデリシオーサの仲間であると海外のサイトには説明があります。

モンステラデリシオーサスケルトン

モンステラデリシオーサ

モンステラデリシオーサのデリシオーサは、英語で「おいしい」を意味する"delicious"に由来しているとされています。これはモンステラになる実が「おいしい」という理由からです。一般に観葉植物として市場に流通しているモンステラは、モンステラデリシオーサとモンステラボルシギアナの2種類があります。それぞれの違いについては、モンステラデリシオーサとボルシギアナの違いについてのページでまとめています。モンステラデリシオーサは、ボルシギアナと比較して大きなを持ち、自然界では1メートル以上の巨大なを持つ場合もあります。モンステラデリシオーサには、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株斑入りなどの種類があり、奇形をした変異株もボルシギアナよりも多く見かけます。私が実際に栽培しているモンステラデリシオーサについて、以下のページでご紹介いたします。

モンステラデリシオーサ

モンステラデリシオーサの種類

デリシオーサは、実生株コンパクタイエローマリリンイエローモンスタータイコンステレーションマクロコズムスケルトン福助ナローリーフ奇形株羅紗葉変異株斑入りなど魅力的で変わった種類があります。

実生株

実生株

実生とは、種子から発芽させた株になります。中でも斑入りモンステラデリシオーサは人気です。

実生株

コンパクタ

コンパクタ

コンパクタは、成長しても大きくならない小型のモンステラデリシオーサとして販売されています。

コンパクタ

イエローマリリン

イエローマリリン

イエローマリリンは、黄斑が入ったモンステラです。イエローモンスターよりも鮮やかな黄斑が入ります

イエローマリリン

イエローモンスター

イエローモンスター

イエローモンスターは、クリーム色に近い黄斑散斑が特徴的なモンステラです。

イエローモンスター

タイコンステレーション

タイコンステレーション

タイコンステレーションは、モンステラの大きな葉に星空を散りばめた様な散斑が入るモンステラです。

タイコンステレーション

マクロコズム

マクロコズム

マクロコズムは、に鋭い切れ込みと穴が多く開いたとても魅力的なモンステラです。

マクロコズム

スケルトン

スケルトン

スケルトンは、マクロコズムとシエラナを合わせた様なの形状をしているのが特長のモンステラです。

スケルトン

福助

福助

がコンパクトで選抜丸葉のモンステラを福助に見立て命名されたモンステラです。

福助

ナローリーフ

ナローリーフ

通常モンステラデリシオーサは丸みを帯びていますが、ナローリーフはが縦に細長いのが特長です。

ナローリーフ

奇形株

奇形株

デリシオーサは奇形の実生株が販売されています。羅紗葉散り斑変異株福助ナローリーフなども広域では奇形の括りに入るのかもしれません。

奇形株

羅紗葉変異株

羅紗葉変異株

とても珍しい実生(みしょう)から育ったモンステラデリシオーサ羅紗葉変異株です。モンステラの大きなが全て羅紗葉となっています。

羅紗葉変異株

斑入り

斑入りモンステラデリシオーサ

本ページでは種類がよく分からない斑入りモンステラデリシオーサについてご紹介していきます。

斑入り